【楽天経済圏】楽天ブラックフライデーとスーパーセールの違いは?得するのはこんな人

Amazonに続き、楽天ブラックフライデーが始まります。

楽天では買い物イベントが続いています。

ポイントが沢山もらえることは間違いないのですが、いまいち仕組みがよくわからない方も多いかと思います。

 

ブラックフライデーとスーパーセールはどう違うの?

どんな買い方をすれば得なの?

私が欲しいものはブラックフライデーとスーパーセールどっちで買ったらいいの?

という疑問にお答えします。

 

【楽天経済圏】楽天ブラックフライデーとスーパーセールの違いは?

ブラックフライデーとスーパーセールの大きな違いは獲得ポイントシステムの違いです。

スーパーセールは店舗数が増えるほど獲得ポイントが増える。

ブラックフライデーは購入金額が増えるほど獲得ポイントが増える。

 

エントリー制なのでまずはエントリーお忘れなく!

 

ブラックフライデーのポイント獲得システム

ブラックフライデーは単価の高い商品であればあるほどもらえるポイントが増えます。

1つ10万円の商品を買うとポイントが10倍になります。

獲得上限は12,000ポイントなので12万円でマックスのポイントがもらえます。

12万円以上の商品を買っても12,000ポイント以上はもらえません。

SPUなどのポイントとは別で12,000ポイントが上限です。

もらえるポイントは期間限定ポイントになります。

 

【楽天経済圏】楽天ブラックフライデー 得するのはこんな人

1つ10万円以上の商品が欲しくて、他に買う予定のモノがない人はブラックフライデーで買った方がお得です。

 

例えばこのiPhone11Pro

価格は125,980円 (税込)

ブラックフライデーで買うとMaxの12,000ポイントもらえますが、スーパーセールでこの商品1つしか買わなかった場合、1,259ポイントしかもらえません。

しかもこのポイントは通常もらえるポイントなので全くお得感はなし。

スーパーセールは2店舗以上買わないとポイントは増えていきません。

 

ということから、10万円以上の商品を1つだけ買う予定の方はブラックフライデーで買った方がお得です。

スーパーセールの獲得上限は10,000ポイントなので、10店舗で12万円以上買う予定の人はブラックフライデーで買った方がお得かもしれません。

 

ただし、スーパーセールは商品が安くなったり、店舗独自ポイントが付いたり、送料無料になったりと普段つかない特典がつきます。

そこは始まってみないとわからないので自己責任でお願いいたします。

 

10万円行かない人は?

ブラックフライデーとスーパーセールどっちで買えばお得かは店舗数と金額を比べて下さい。

金額が多い人はブラックフライデー

店舗数が多い人はスーパーセールで買った方がお得です。

 

楽天ブラックフライデー 得する分岐点

ブラックフライデーとスーパーセールどちらがお得か分岐点があります。

分岐点は以下のようになっています。

 

5千円以上1万円以下

1店舗5千円買う予定 ブラックフライデー 100P>スーパーセール 50P

2店舗5千円買う予定 ブラックフライデー 100P=スーパーセール 100P

3店舗5千円買う予定 ブラックフライデー 100P<スーパーセール 150P

 

1万円以上4万円以下

2店舗1万円買う予定 ブラックフライデー 300P>スーパーセール 200P

3店舗1万円買う予定 ブラックフライデー 300P=スーパーセール 300P

4店舗1万円買う予定 ブラックフライデー 300P<スーパーセール 400P

 

4万円以上5万以下

3店舗4万円買う予定 ブラックフライデー 1,600P>スーパーセール 1,200P

4店舗4万円買う予定 ブラックフライデー 1,600P=スーパーセール 1,600P

5店舗4万円買う予定 ブラックフライデー 1,600P<スーパーセール 2,000P

 

5万円以上6万円以下

4店舗5万円買う予定 ブラックフライデー 2,500P>スーパーセール 2,000P

5店舗5万円買う予定 ブラックフライデー 2,500P=スーパーセール 2,500P

6店舗5万円買う予定 ブラックフライデー 2,500P<スーパーセール 3,000P

 

6万円以上7万円以下

5店舗6万円買う予定 ブラックフライデー 3,600P>スーパーセール 3,000P

6店舗6万円買う予定 ブラックフライデー 3,600P=スーパーセール 3,600P

7店舗6万円買う予定 ブラックフライデー 3,600P<スーパーセール 4,200P

 

7万円以上8万円以下

6店舗7万円買う予定 ブラックフライデー 4,900P>スーパーセール 4,200P

7店舗7万円買う予定 ブラックフライデー 4,900P=スーパーセール 4,900P

8店舗7万円買う予定 ブラックフライデー 4,900P<スーパーセール 5,600P

 

8万円以上9万円以下

7店舗8万円買う予定 ブラックフライデー 6,400P>スーパーセール 5,600P

8店舗8万円買う予定 ブラックフライデー 6,400P=スーパーセール 6,400P

9店舗8万円買う予定 ブラックフライデー 6,400P<スーパーセール 7,200P

 

9万円以上10万円以下

8店舗9万円買う予定 ブラックフライデー 8,100P>スーパーセール 7,200P

9店舗9万円買う予定 ブラックフライデー 8,100P=スーパーセール 8,100P

10店舗9万円買う予定 ブラックフライデー 8,100P<スーパーセール 9,000P

 

10万円以上

9店舗10万円買う予定 ブラックフライデー 10,000P>スーパーセール 9,000P

10店舗10万円買う予定 ブラックフライデー 10,000P=スーパーセール 10,000P

 

12万円以上買う予定 ブラックフライデー 12,000P>スーパーセール 10,000P

 

【楽天経済圏】楽天ブラックフライデー まとめ

高額商品が欲しい人は基本的にブラックフライデーがお得

ただし分岐点を確認してから買うようにしましょう。

 

まずはエントリー!

 

お買い物マラソンに関してはこちら

【楽天経済圏】楽天お買い物マラソンとは?エントリー方法、お得なこと、注意点など

    

-楽天経済圏

Copyright© 3zoublog , 2020 All Rights Reserved.